日本のタラソテラピー施設

}PgžxQタラソテラピーとは、海の持つすべてのパワーを凝縮し、豊かな自然環境の中で培われてきた自然療法のことです。
新鮮な海水を使用し、アクアトニックはもちろん、シャワーなどの温海水の水圧によるマッサージ、海水の温度差を活用した交代浴などを味わえる「ハイドロセラピー」や、ミネラル豊富な海水を利用して運動やマッサージを行い、精神的なリラックス効果も得られる「アルゴセラピー」、海からの正常な空気を体内に取り入れながら運動やリラクゼーションを行う「クリマセラピー」など、その種類は様々です。
海水は細胞の活性化を促す効果が証明されているため、冷え性、血行障害、リウマチ、アトピー、ストレス性疾患などに効果があると言われています。
日本では20年前に上陸し、女性を中心に愛されてきました。
海水は温泉と成分が似ており、温泉療法とも通じる点があるため、私達日本人には親しみのある療法として近年静かなブームとなっています。
自然環境に密接な関わりがあるため、日本のタラソテラピー施設はリゾートタイプのものが多く見受けられます。
また、アーユルベーダやクリームバスと併用して行うと、療法の効果も倍増します。
カウンセラーと相談し、時間と予算を考慮した上で取り入れると、必ず良い効果をもたらすでしょう。

Filed under: 未分類 — たらそてらぴーのきそちしき 6:50 PM